ワイルドな魅力が印象的!ジェイソン・ステイサムのおすすめ出演作まとめ

ジェイソン・ステイサム


スキンヘッドが特徴のワイルドな風貌、そしてスタイリッシュで過激なアクションを武器に、アクション映画ファンから絶大な人気を誇っているジェイソン・ステイサム

今では、現代のハリウッドを代表するアクションスターの一人となっています。

どんな敵も真正面からぶちのめし、その圧倒的な強さでもはや安心感すら感じさせてくれるジェイソン・ステイサムの、おすすめの出演作を紹介していきます。

 

トランスポーター(2002年公開)

裏社会の運び屋の戦いを描いたアクション映画「トランスポーター」シリーズは、ジェイソン・ステイサムが世界的に有名になるきっかけになった作品です。

「レオン」のリュック・ベッソンが製作・脚本をつとめたこのシリーズでは、ジェイソン・ステイサムの代名詞ともいえる、スタイリッシュなアクションがくり広げられます。

また、「運び屋」が主人公ということで、度肝を抜くカーアクションも見どころとなっていて、BMWがものすごい動きで走り回る映像は、車好きの人にはたまらない刺激があります。

 

エクスペンダブルズ(2010年公開)

シルヴェスター・スタローン主演で、困難なミッションに挑む傭兵団の戦いを描いた「エクスペンダブルズ」シリーズ。

アーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリス、ドルフ・ラングレンなどの超豪華キャストが共演する中で、ジェイソン・ステイサムは新世代のアクションスターとして、準主役のナイフの達人リー・クリスマスを演じました。

目にも止まらない動きとナイフ投げで敵をなぎ倒していくアクションは、他のハリウッドスターたちにまったく引けを取らない存在感があります。

ポニーキャニオン
¥2,019 (2019/02/16 22:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

バトルフロント(2013年公開)

田舎町に引っ越した元麻薬捜査官の主人公と幼い娘が、町の裏に隠された陰謀に巻き込まれていくアクションサスペンス「バトルフロント」。

ジェイソン・ステイサムはこの映画で主人公のフィルを演じて、アクションだけでなく、娘を守ろうとする父親としての繊細な演技も見せています

平和な町の中で陰謀のために動く男モーガンを「スパイダーマン」シリーズで知られるジェームズ・フランコが演じているのも注目ポイントです。

どんな敵が迫ってきても娘を守るために圧倒的な強さで戦う主人公フィルには、「こんなパパがいれば心強いな……」と思わされます。

ハピネット ピーエム
¥1,349 (2019/02/16 22:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

メカニック(2011年公開)

「メカニック」は、どんなに難しい暗殺も驚きの手口で成し遂げる凄腕の殺し屋と、その殺し屋に弟子入りした男の共闘を描くアクション映画です。

主人公のメカニックをジェイソン・ステイサムが、彼に弟子入りする男スティーヴを実力派俳優のベン・フォスターが演じて、奇妙な組み合わせのバディムービーとして話題になりました。

アクションがより進化した続編「メカニック:ワールドミッション」も公開されるなど、ジェイソン・ステイサム作品の中でも、特にヒットした代表作として知られています。

¥2,110 (2019/02/16 22:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年公開)

アクション映画の常識を覆すようなカースタントで、世界的に大ヒットしている長寿シリーズ「ワイルド・スピード」。

ジェイソン・ステイサムは、シリーズ後期の作品にレギュラーキャラクターとして出演しています。

ヴィン・ディーゼルやドウェイン・ジョンソンといった肉体派アクションスターに囲まれてもしっかりと存在感を発揮しているジェイソン・ステイサム。

画面を縦横無尽に走り回る、彼らしいスタイリッシュなアクションが見せ場となっています。

 

SAFE/セイフ(2011年公開)

マフィアに追われる謎の少女と、たまたま彼女を助けた元警官の男の逃避行を描いた「SAFE/セイフ」。

ジェイソン・ステイサムは主人公のルークを演じ、中国マフィアやロシアンマフィア、汚職警官など様々な敵が押し寄せてくる中で激しいアクションを見せます。

息もつかせないアクションの連続や、終始張り詰めた緊張感が見どころの、渋くてハードボイルドなクライムアクション映画に仕上がっているこの作品。

ジェイソン・ステイサムの出演作のなかでも、特にアクションの純度が高い一作です。

ポニーキャニオン
¥1,454 (2019/02/16 22:58:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

デス・レース(2008年公開)

「デス・レース」は、武装した車で撃ち合いながらのサバイバルレースがくり広げられるカーアクション映画です。

その戦いの内容から「リアルマリオカート」という異名も持つこの作品は、血肉飛び散る過激でスピード感あふれるアクションシーンが見どころとなっています。

「民営化された刑務所が収益のためにデス・レースを行う」という世界観や、ジェイソン・ステイサム演じる主人公が自分を刑務所に入れた犯人を探っていく、サスペンス的なストーリーにも注目です。

 

アドレナリン(2006年公開)

「アドレナリン」は、常に脳を興奮させてアドレナリンを出し続けないと心臓が止まって死んでしまう体になった主人公が、自分をそんな体にした敵に復讐するために奮闘するアクション映画です。

興奮を維持するために、危ない薬の過剰摂取や路上での危険行為など、とても文面では詳しくかけない行動をくり返す主人公に驚かされる、ハイテンションでアブノーマルな作品に仕上がっています

かなり刺激の強い映像の連続なので、心臓が弱い方は視聴には注意しましょう。

東宝
¥7,190 (2019/02/17 13:51:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

ジェイソン・ステイサムの出演作は「主人公が敵に立ち向かう」というシンプルなストーリーのものが多いので、どれも頭を空っぽにして、無心でハードボイルドなアクションの世界に浸ることができます

今回紹介した映画は、渋くてかっこいいジェイソン・ステイサムのキャラクターに惚れて、激しくもスタイリッシュなアクションにスカッとさせられる、良作ぞろいです。

是非一度手にとって、濃厚な戦いの世界を体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA