毎年新たな傑作が生まれ、映像もストーリーも新しいアイデアで進化を遂げていく映画界。

2018年も、人気シリーズの続編から時代を反映した意欲作まで、さまざまな映画が生まれました。

今回は、その中から「これだけはチェックしておきたい!」というおすすめの10作を厳選して紹介します。

2018年の映画の総集編として、要チェックです!

 

スポンサーリンク

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

伝説のロックバンド・クイーンがトップへと上りつめていくまでの物語と、メンバーの半生を描いた伝記映画です。

タイトルはクイーンの代表曲のひとつ「ボヘミアン・ラプソディ」からそのままとられていて、この曲がストーリー中でも重要な役割を果たします。

それぞれのメンバーの若い日々が蘇ったかのような演技、そして何より圧巻のライブシーンで、往年のクイーンファンから注目されたのははもちろん、彼らを知らない世代にも新たなファンを生んだ傑作です。

2018年の映画界を語る上で、欠かせない一作でしょう。

 

スポンサーリンク

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

誰もが知っている「くまのプーさん」を実写化し、子どもだけでなく大人も楽しめるあたたかいヒューマンドラマに仕上げた作品です。

主演は「スター・ウォーズ」などで知られるユアン・マクレガーで、成長したクリストファー・ロビンの目線から、「大人になって忘れてしまっていた大切なこと」を思い出させてくれます。

ノスタルジックで優しいストーリーに触れると、思わず自分の人生を見つめ直してしまいます。

 

スポンサーリンク

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国

「ジュラシック・パーク」シリーズ第5作目。前作「ジュラシック・ワールド」で人間がいなくなった島での、恐竜たちのその後が描かれます。

さらに進化したド迫力の映像美はもちろん、アメリカ本土に恐竜たちが上陸してしまう驚きの展開や、人気キャラ「ブルー」に焦点をあてたエピソードなど、シリーズファンにとってハラハラドキドキのストーリーが見どころです。

 

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

トム・クルーズの最大の人気シリーズ第6弾です。主人公イーサンとおなじみの仲間たちが、今回はテロ組織とプルトニウムを巡って戦います。

目まぐるしいストーリーやスタイリッシュなアクションは相変わらず健在で、特にイーサンがヘリコプターにぶら下がるシーンは、トム・クルーズ自らがガチンコでスタントに臨んだことでも話題になりました。

 

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

低予算インディーズ映画ながら、斬新すぎるストーリー展開と圧倒的な面白さで社会現象にまで発展したホラーコメディ映画です。

冒頭の「30分ワンカット」のゾンビドラマに始まり、まさに「二度はじまる」驚きの仕掛けには、驚かされると同時に爆笑させられること間違いなしです。

日本の映画史に新たな風を巻き起こした、2018年を代表する傑作でしょう。

 

万引き家族

万引家族

カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得するなど、世界的に高く評価された日本映画です。

原案には実際にあった格差問題からの事件があり、10年に及ぶ構想の末に映画化されました。

「万引き」という言葉を含むタイトルが議論を呼びましたが、「家族」というものの真理や人生において大切なものなど、様々なテーマを盛り込んだ内容で話題になりました。

 

未来のミライ

未来のミライ

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」、「バケモノの子」などで知られる細田守監督の最新作です。

主人公くんちゃんが、未来からやってきた妹とともに家族の過去を目撃していきます。

少年の視点から「家族」について見つめるストーリーは、多くの人の共感や感動を呼びました。

また、主演の上白石萌歌をはじめ、星野源や黒木華、役所広司など、豪華な声優陣も見どころとなっています。

 

オーシャンズ8

オーシャンズ8

人気映画「オーシャンズ11」シリーズのスピンオフ的な一作です。

盗みのプロの女性ばかりでチームが結成され、高級宝石を盗むミッションが実行されていきます。

サンドラ・ブロックやアン・ハサウェイ、リアーナなどの女性大スターが集結して、まさに「女性版オーシャンズ11」だと話題になりました。

クール・ビューティを体現したスタイリッシュなストーリーは、本格サスペンスとしても、かっこいい女性が活躍する映画としても見ごたえがあります。

 

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作。VR(仮想現実)が一般的になった近未来を舞台に、主人公たちのバーチャル世界での冒険が描かれます。

どんなことでも実現できる世界でのストーリーは、これまでのどんなSF映画ともアクション映画とも違うスリルがあります。

さらに、「キングコング」「シャイニング」「ガンダム」「ストリートファイト」など、映画もアニメもゲームも入り混じった壮大で自由な世界観も大きな見どころです。

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中心「アベンジャーズ」シリーズの最新作です。

様々なヒーローが関わってくるストーリーやド派手なアクションなど、おなじみの見どころが満載になっています。

さらに、衝撃的すぎる結末も注目を集めて、MCUシリーズがいよいよクライマックスに向かっていると話題を呼びました。

 

最後に

2018年に公開された映画の中から、一度は観ておきたいおすすめの10作を紹介しました。

どの作品も2018年の各映画ジャンルを代表する傑作ばかりなので、映画ファンなら必見ですよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事