映画「ラスト5イヤーズ」は、ニューヨークを舞台に男女の出会いから別れまでを描いた作品です。

トニー賞受賞のソングライター、ジェイソン・ロバート・ブラウンのミュージカルが原作となっています。

傑作ミュージカルと呼ばれるにふさわしい名曲の数々に、心を奪われること間違いなし!男女で別々の時間軸を歩む、一風変わった演出にも注目です。

 

スポンサーリンク

愛が終わりを告げるまで

小説家を目指すジェイミーは、ニューヨークで運命の人と思える女性に出会いました。その彼女は、女優志望のキャシーです。

やがて結婚する2人ですが、夫婦生活は上手くいきません。ジェイミーが小説家として成功を収めていく一方で、キャシーの夢は遠ざかるばかりだったからです。

キャシーは、ジェイミーをサポートする毎日にフラストレーションを感じていました。

妻として裏方に回ることは、彼女の性に合わなかったのです。

そんなキャシーの気持ちを、ジェイミーは理解できません。

激しい恋に落ちた2人でしたが、いつしか関係は冷めきってしまいます。

そして遂にジェイミーはキャシーの元を去り、2人の愛は終わりを告げたのでした。

 

スポンサーリンク

すれ違う2人のように、別々に進む時間

夫のジェイミーは出会いから別れを振り返り、妻のキャシーは別れから出会いを振り返ります。2つの時間軸が交わるのは、結婚式のときのみです。

ただ時系列をなぞっていくのではない、工夫を凝らした演出を行っています。

 

別々の時間軸が存在することにより、すれ違う2人の切なさが強調されていました。

別れの悲しさと出会いのきらめきが重なったラストシーンは圧巻です。恋の希望を歌うキャシーと、さよならを告げるジェイミーのデュエットが披露されます。

ぜひ、注目してみてください!

 

スポンサーリンク

数々の名曲が盛り上げていくストーリー

どれもこれも名曲ばかりで、見ていて飽きることがありません。耳に残るキャッチーな音楽が、映画を見終わった後も心に響きます。

主演のアナ・ケンドリックとジェレミー・ジョーダンの歌唱力も素晴らしいです。ミュージカルファンも納得して鑑賞できると思います。

 

男女のすれ違いを描くリアルな物語も魅力のひとつ。現代にありがちな話で、共感できる方も多いのではないでしょうか。

ドラマチックな音楽とストーリーが、お互いを引き立てているように感じました。

 

最後に

恋の素晴らしさから別れの悲しさまで、表現豊かに描かれています。

いつまでも心に残る音楽とストーリーが魅力の作品です。

切ない別れを経験したことのある方や、ミュージカルが好きな方におススメしたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事