映画紹介

「帝一の國」は豪華俳優陣による爽快系学園政権闘争コメディ!

投稿日:

帝一の國

帝一の國は、今話題の俳優である竹内涼真や野村周平、千葉雄大といった豪華メンツでおりなす爆笑間違いなしの爽快系学園政権闘争コメディです。

原作がジャンプスクエアで連載されていたのですが、その世界観を壊すことなく映像化し、個性的なキャラクターもハマっているのでコメディ好きな方必見です。

¥473 (2018/08/16 05:46:09時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ぶっ飛んだ世界観がおりなす学園もの

物語は主人公赤場帝一が『総理大臣になり自分の国を作る』という野望を実現するために、政財界に多くのコネクションを持つ日本一の高校「海帝高校」に入学するところから始まります。

そして、この海帝高校には伝統として『この高校で生徒会長を勤めたものは将来の内閣入りが確約される』というものがありました。

政権闘争の絶えないこの学園で、帝一の生徒会長になるための血みどろの青春が幕を開けることとなります。

帝一は果たして生徒会長に成れるのか。必見ですね。

¥500 (2018/08/16 05:46:10時点 Amazon調べ-詳細)

全力投球な演技が素晴らしい

主人公で野心家の赤場帝一(菅田将暉)と幼馴染みで卑劣な性格をした東郷菊馬(野村周平)、明るくみんなの憧れとなるような好青年大鷹弾(竹内涼真)の主人公らが作り出す、高校という狭い世界が世界のすべてであるかのような全力投球の演技が魅力です。

この演技こそが映画をおもしろくしていると言っても過言ではないでしょう。

特に、負けず嫌いの帝一が外部入学した弾の答案を学校から無理矢理持ち出し、自分の解いた答案と一教科ずつバトル形式で開示していくシーンは必見です。

また、弾の好青年さもさることながら菊間のウザさが半端ではないです。

映画を見終わったあと野村周平を嫌いにならないであげてください。それくらい卑劣きわまりない性格を演じているだけなのです。

 

実物の選挙そのものの迫力

生徒会長になりたいがため、たかが高校の選挙中に大金を払ってまで票を獲得しようとする人がいたり、相手を陥れるためにミスを裏工作で画策したりと選挙で票が入ればあらゆる汚い手を使ってくる人がいます。

そんな中で帝一が真正面から立ち向かい、打ち破り、相手が崩れ落ちていく様は爽快で、裏が見えにくい選挙もののバトルだからこその良さが際立っていました。

スポンサーリンク

最後に

あえて名前は伏せますが、漫画を実写化して成功する例は非常に少ないです。

それは漫画の世界観を実写にするとどうしても漫画のそれより劣ってしまうからです。

しかし、この「帝一の國」はそんな期待を裏切り、越えてくる最高の作品に仕上がっています。

漫画を読んだことのある人もない人も是非観てみてはいかがでしょうか。

¥500 (2018/08/16 05:46:10時点 Amazon調べ-詳細)

-映画紹介
-, ,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.