映画まとめ

人生に悩んだあなたへ…「生きる」をテーマにした傑作映画10選

投稿日:2018年9月25日 更新日:

人生に悩んだあなたへ…「生きる」をテーマにした傑作映画10選

映画のストーリーには、思わず涙が出てしまうような感動的なものがありますよね。

特に「人生」や「生きること」をテーマにした映画は、ときに人生に大きく影響を与えるほどの感動をくれます。

今回は、そんな「生きる」をテーマにした映画の良作たちを紹介していきます。

もしかしたら、人生のヒントになるような出会いがあるかもしれませんよ。

 

最高の人生の見つけ方(2007年公開)

最高の人生の見つけ方

「最高の人生の見つけ方」は、ハリウッドを代表する名優モーガン・フリーマンと、個性派俳優ジャック・ニコルソンのタッグで描かれるヒューマンドラマです。

余命宣告を受けた2人の老人が「人生でやり残したことリスト」を作り、それを達成するために旅していくというストーリーのこの作品。

彼らの旅を通して、贅沢をすることでも遊ぶことでもない「人生で本当に大切なこと」が描かれます。

ベテラン俳優たちの名演技で、ストーリーにぐいぐい感情移入させられる名作です。

ワーナーホームビデオ
¥1,980 (2018/11/20 14:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年公開)

イエスマン “YES”は人生のパスワード

コメディ映画の帝王ジム・キャリーが主演を務めて、あらゆる誘いに「イエス」と答えることで人生を切り開いていく主人公を描いた「イエスマン “YES”は人生のパスワード」。

「イエス」という返事を続けることで昇進したり友だちができたりして、さらには恋人までできてしまう主人公カールの生き方は、見ていてワクワクさせられます。

とにかくポジティブな空気にあふれた映画で、人生は「積極的に行動して挑戦していく」ことが重要なんだと教えてくれます。

ワーナーホームビデオ
¥777 (2018/11/20 06:27:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

ショーシャンクの空に(1994年公開)

ショーシャンクの空に

スティーブン・キングの名作小説を原作に、えん罪で終身刑の判決を受けた男が、刑務所の中でも諦めずにいい人生を生きようと奮闘していく「ショーシャンクの空に」。

名作映画ランキングなどの常連にもなっているので、タイトルを知っている方も多いのではないでしょうか。

主人公アンディ(ティム・ロビンス)がねばり強い努力で逆境を乗り越えていく数々のエピソードや、これ以上ないほど爽やかなラストが見どころで、「年齢も場所も関係なく、諦めずに地道な努力を続けていればチャンスは訪れる」ということを教えてくれる映画です。

ワーナーホームビデオ
¥332 (2018/11/20 13:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

プライベート・ライアン(1998年公開)

プライベート・ライアン

第二次世界大戦を描いた戦争映画の名作「プライベート・ライアン」も、「生きる」ということが大きなテーマになっています。

作中では「たった一人の兵士を救出するために、8人の兵士が命を危険にさらす」というある意味で理不尽な任務が描かれて、「命の価値」について考えさせられます。

また、「死んでいった兵士の苦しみ」だけでなく、「仲間が死んでいった中で生き残ってしまった者の苦しみ」も描かれていて、最後のシーンの言葉で、それまでの戦いが思い出されて思わず涙が出ます。

容赦なく残酷な戦闘シーンも印象的で、残酷な戦争時代を越えて「生きる」ことがどれほどの重みをもっているのかを教えられる一作です。

Paramount
¥888 (2018/11/20 11:03:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

最強のふたり(2011年公開)

最強のふたり

マヒで首から下が動かせなくなった大富豪と、ひょんなことから彼の介護人になった黒人青年の交流を描く「最強のふたり」。

生きる世界の全く違う2人が送る日々や何気ない会話で、大切なことにハッと気づかされる作品です。

作中で描かれるのは実話ということもあって、リアルな「人生」の息づかいが感じられます。

アミューズソフト
¥5,860 (2018/11/20 06:27:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

LIFE!(2013年公開)

LIFE!

写真雑誌の編集者が、雑誌の専属カメラマンを追って世界中を旅することになるアドベンチャー映画「LIFE!」。

それまでデスクワーク続きで内向きな人間だった主人公ウォルター(ベン・スティラー)が、予期せぬ旅を通してどんどんアクティブで自信に満ちた人間になっていく展開は、見ていて清々しい気持ちになります。

日常から一歩踏み出して新しい世界に入ると、これまでとは違った景色が見える。

そんな、人生において「チャレンジ」することの大切さを教えてくれる作品です。

¥1,000 (2018/11/20 06:27:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

もしも昨日が選べたら(2006年公開)

もしも昨日が選べたら

「もしも昨日が選べたら」は、人気コメディアンのアダム・サンドラー主演で、人生の面倒くさい部分を自由にスキップできる魔法のリモコンを手に入れた男を描くコメディ映画です。

家族よりも仕事が優先だった主人公マイケルがリモコンを使って巻き起こす騒動は、王道のアメリカンコメディらしいバカバカしい展開で笑わせてくれます。

そして、気軽に人生スキップを多用した結果、深く後悔しながら人生で本当に大切なものに気づいていくクライマックスは、涙なしには見られない切なさです。

 

127時間(2010年公開)

127時間

実在の事故をテーマに、アメリカの峡谷で岩に腕が挟まって逃げられなくなってしまった主人公の127時間にも及ぶサバイバルを描いた「127時間」。

主人公アーロン(ジェームズ・フランコ)のほぼ一人演技で展開されるこの映画は、絶望的な状況で自分の人生をふり返る彼の心情に感情移入させられて、それでも諦めずに生きようともがく姿に感動させられるヒューマンドラマです。

これが全て実話ということを考えると、人間の「生きる」ことへの強い願望に驚かされます。

20th Century Fox Jp
¥799 (2018/11/20 06:27:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2005年公開)

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

破天荒でわんぱくな犬「マーリー」と、彼を飼うことになった新婚カップルの人生を描く「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」。

人よりも早く大人になって、そして年老いていくマーリーに「命」の温かさと儚さを教えられて、マーリーを通して見るひとつの家族の成長に「生きていく」ということのリアルな苦労や喜びを体感させられます。

マーリーとの避けられない最後の別れは、涙なしでは見られません。

20th Century Fox Jp
¥1,000 (2018/11/20 11:03:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年公開)

50/50 フィフティ・フィフティ

20代にしてガンに侵され、生存率は「50/50」だと診断された主人公の闘病をコミカルに描いた「50/50 フィフティ・フィフティ」。

主人公アダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が命の危機に直面したことで、本当に大切な人やものについて考えていく展開が見どころのヒューマンドラマです。

彼を支える周囲の人々も個性的なキャラクターばかりで、笑えるシーンも多いユーモラスな作品です。

辛いことばかりではないアダムの闘病生活は、淡々としてリアルだからこそ、より感情移入して「生きる」ことについて考えさせられます。

ハピネット ピーエム
¥1,230 (2018/11/20 06:27:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

爆笑できるコメディ映画からシリアスな戦争映画まで、「生きる」ということについて深いテーマやメッセージ性を持っている作品を厳選して紹介しました。

どの作品も1つの物語として楽しめる上に、「人生」について考えさせられる傑作ばかりです。

「生きる」ことについて悩んでしまったときは、今回紹介した映画があなたの人生を切り開くきっかけになってくれるかもしれませんよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
高栁晨太郎

高栁晨太郎

映画と音楽が好きなWebライターです。 主に洋画のアクション、SF、パニック、ホラーなんかを中心に観ています。 ブログもやってます→怠惰ウォンテッド( http://www.taida-wanted.com/) Twitterはこちら→ https://twitter.com/ashita_movie

-映画まとめ
-, , , , , , ,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.