映画紹介

ディズニー作品「モアナと伝説の海」は、まさかのヒロイン不在!?

投稿日:2018年6月5日 更新日:

【モアナと伝説の海】映画紹介記事

「モアナと伝説の海」は、「アナと雪の女王」「ズートピア」等、数多くのヒット作を送り出したウォルトディズニーアニメーションスタジオの作品です。

海に選ばれた16才の少女モアナの大冒険が、美しい映像とダイナミックな音楽で描かれています。

遠い海の向こうには、いったい何が待っているのか。自分を信じ、一歩前へ踏み出す勇気を与えてくれる作品です。

スポンサーリンク

愛する故郷の人々を救うため、憧れの海へ

舞台は美しい海に浮かぶ平和な島。この島には、「サンゴ礁の向こうの海へ行ってはいけない」という掟がありました。

掟を守り、豊かな島の恵みを受け取りながら生活する人々は、この起きてに疑問を抱くことはありません。しかし、海の向こうの世界に憧れを抱くモアナだけは違いました。

 

ところが、ある日突然島の作物は枯れ、魚は姿を消してしまいます。

島の窮地を救うためにはサンゴ礁を越えるべきだとモアナは訴え、祖母から聞かされた伝説を胸に禁じられた海へ飛び出します。

慣れない旅に悪戦苦闘するモアナに訪れる、数々の試練。ときに挫折を経験しながらも、モアナは諦めずに歩み続ける事を選択します。

そしてモアナの冒険は、島の人々と海の本当の姿を取り戻すことに成功するのでした。

¥500 (2018/08/15 13:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

美しい映像と音楽で描かれる、友情の冒険物語

従来、ディズニーアニメーションのヒロインには、ロマンスの相手が存在するのがお約束です。

例えば、『アナと雪の女王』のクリストフや、『塔の上のラプンツェル』のフリン等がこれに当たります。

 

しかし、今作では半神半人のマウイという男性キャラクターが登場しますが、モアナと恋愛関係になることはありません

あくまでも旅のパートナーとして信頼関係を深め、お互いに成長していく大事なキャラクター。はじめは犬猿の仲だった二人が力を合わせ、理解を深めていく、友情の物語となっているのです。

思わず笑ってしまうような、2人のウィットに富んだやり取りも魅力のひとつ。

 

そしてもちろん、ディズニーアニメーションらしい美しい映像と音楽も見逃せません。

特に音楽は、ストーリーの進行と見事にマッチし、観るものを引き込んでいきます。王道ミュージカルのような演出にも注目です。

 

細かい演出も見逃せない、気合の入った作品

『アナと雪の女王』『ズートピア』に続き、今作でも絶対にヒットを狙う!という制作側の強い気合が感じられ、観終わったあと、思わず拍手を送りたくなりました。

 

特に感動したのは最後のシーン。

村長に就任したモアナが、歴代の村長たちが積み上げてきた石の上に、貝殻を置きます。

「あれ?モアナが貝殻を置いたら、次の村長が石を置けないのでは?」と一瞬疑問に思います。しかし、誇らしげに航海の旅へと出かける島の人々の歌を聞いて気づきます。

島から島へ、自由を謳歌する海の民には、重たい石を代々積み上げ続ける必要なんて無いのです。

もちろん、このシーンにはさまざまな解釈があると思いますが、その「さまざまな解釈」を生み出す細かい演出が面白いところです。

何度見ても見飽きない作品でした。

スポンサーリンク

最後に

大人も子供も、男性も女性も楽しめる冒険物語。美しい海のアニメーションに癒されたい人や、ミュージカルファンにもお勧めです。

ディズニーって王子様とお姫様の話でしょう?と苦手意識を持っている人にも、是非見てもらいたいと思います。

伝統に縛られず、強い意志を持って行動を起こしたモアナが冒険の果てに得たかけがえのないもの。誰もが納得のハッピーエンドに、勇気を分けてもらえます。

¥500 (2018/08/15 13:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

-映画紹介
-,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.