映画「死ぬまでにしたい10のこと」は命の可能性と家族への愛がテーマ

死ぬまでにしたい10のこと


繰り返される日常の中で、未来は永遠に続いていくと思いがちです。

それが突然覆されてしまったら、あなたはどうしますか?

 

『死ぬまでにしたい10』のことは、癌を患い余命宣告を受けた若い母親が主人公の映画です。

残された時間を、彼女は精一杯生きぬきます。

命の可能性と家族への愛が感じられる作品です。

 

命を使って叶えたい願い

若くして母親になったアンは、幼い娘2人と夫の家族4人で暮らしています。

夫が失業中のため、アンが家族の暮らしを支えていました。

貧しい生活ではありましたが家族の仲は良く、それなりに幸せな毎日です。

そんな彼女を襲った突然の腹痛。病院で検査を受けると、癌を患っていることが分かりました。

余命宣告を受けた彼女が始めにしたことは、「死ぬまでにしたい10のこと」のリストアップです。

癌のことも、リストのことも、家族には内緒のまま。残された命を使って、ひとつずつリストをクリアして行きます。

そして最後に、家族の幸せを心から願いながらアンは眠りにつくのでした。

¥2,500 (2019/02/17 16:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

限られた時間の中でこそ、本物が見つかる

カナダ・スペイン合作の映画です。カナダのバンクーバーが舞台となっています。

生と死がテーマの作品ですが、いわゆる「お涙頂戴」の大げさなドラマはありません

どこか哲学的な雰囲気が漂うなかで、真剣に命と向き合う主人公の姿が見られます。

 

人はどうしても何か成し遂げたいと思っていることがあっても、後で後でと先延ばしにしてしまうことが多いと思います。

後でやるという選択を強制的に奪われてしまったアンですが、それからの行動力が凄いです。

悲嘆に暮れる暇もなく、やり残したことのリストアップを始めます。命が限られているという極限状態にあるからこそ、本当に自分の願っていることが見えてくるのですね。

 

道徳的に疑問が持たれる事柄も、迷い無くしっかりやり遂げます。常識や世間体なんて全く気にしないようです。

それでもアンのことが悪者に見えないのは、裏表のない純粋な気持ちがあるからだと思います。

そして何よりも、なんだかんだで家族の幸せを1番に願っているからです。

ラストシーンの彼女からは、自分が犠牲になることも厭わない大きな家族愛が感じられました。

 

最後に

自分の人生で、やり遂げたいことは何なのか。1番大切なことは何なのか。

そんなことを考えるきっかけになるような作品です。

誰でも、与えられた時間は限られています。そのことに気付けたら、心の中にある本当の願いが見つかるかもしれません。

¥2,500 (2019/02/17 16:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA