映画紹介

映画「リベリオン」はアクション映画ファンに長い間愛される理由がある!

投稿日:2018年8月24日 更新日:

Equilibrium

2003年に公開されたSFアクション映画『リベリオン』。

どちらかというとマイナーな低予算映画ですが、一部のアクション映画ファンからはカルト的人気を誇る作品でもあります。

公開から長い時間が経っても愛され続けるこの作品の魅力をご紹介します。

 

「リベリオン」のあらすじ

第三次世界大戦が発生した後の世界。

大戦後に新しくできた国家・リブリアでは、争いの原因は人間の「感情」であるとして、平和を保つために人々は薬で感情を抑えられ、音楽や文学、芸術といった感情に訴えかけるものは禁止されていました。

リブリアの秩序は「クラリック」という特殊な戦闘術を身につけた捜査官によって守られ、ジョン・プレストン(クリスチャン・ベール)もクラリックの一人として感情犯罪を日夜取り締まっていました。

しかし、ある出来事からプレストンに感情が芽生えはじめ、彼はリブリアの社会の在り方に疑問をもっていくようになるのでした。

やがて、リブリアの平和の裏に隠された秘密が明らかになっていき、プレストンは自分の正義のために決断・行動していきます。

 

「リベリオン」は世界観が魅力!見所は戦闘シーン

ディストピア的な雰囲気が特徴の『リベリオン』。作り込まれた世界観の魅力ももちろんですが、本作の一番の見どころは、作中でクラリックたちが見せる「ガン=カタ」と呼ばれる戦闘術です。

ガン=カタは斬新で画期的なアクションの演出方法として、その後の色々なアクション映画にも取り入れられて大きな影響を与えています。

このガン=カタこそが、『リベリオン』が多くのアクション映画ファンに愛される理由になっています。

 

アクション俳優としても演技派俳優としても人気のクリスチャン・ベールが主演を務めているのもポイント。

彼の渋い表情やキレのあるアクションがあるからこそ、ガン=カタがより印象的にかっこよく映っています。

 

斬新な世界観と男のロマン溢れるアクションシーンはハマる!

東洋風の格闘技と拳銃アクションを組み合わせたガン=カタは、男の子なら絶対に「かっこいい!」と思ってしまいます。

もし自分が子どもだったら動きを真似してしまうこと間違いなしのアクションで、良い意味で「中二病」的なかっこよさがありました。

 

そして、「人間が感情を抑制された世界」という斬新な設定も面白かったです。

人々がまるでロボットのように無表情で暮らしている様子は全く楽しそうには見えなくて、「絶対にこんな世界には行きたくないな…」と思ってしまいます。

 

主演のクリスチャン・ベールは、さすが演技派俳優!と言いたくなる名演技でした。

感情がほとんどないはずなのに心が揺れ動きながら葛藤する難しいキャラクターを、見事に演じていたと思います。

キレッキレのアクションも合わせて、映画の魅力を大きく高めてくれていました。

 

最後に

戦闘シーンもストーリーもキャストの演技も見どころが盛りだくさんで、長く愛されるのも納得の名作『リベリオン』。

SF映画としても、アクション映画としても一級の作品です。

完成度の高い世界観やクリスチャン・ベールの名演技、そして何よりガン=カタのかっこよさは、ぜひ一度しっかりと目撃してみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-映画紹介
-, ,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.