映画紹介

映画「キセキ -あの日のソビト」はボーカルグループ「GReeeeN」の裏側

投稿日:2018年6月12日 更新日:

キセキ

映画「キセキ」は、国民的ボーカルグループ「GReeeeN」の青春の日々と大ヒットの裏側を描いた作品です。

なぜ顔出しNGなのか、なぜあんな心に響く曲を作り出せるのか。この作品を観ることで、その理由がきっとわかります。

あの頃好きだった人も、まだ聞いたことのない人も、「GReeeeN」魅力に引き込まれること間違いありません。

¥250 (2018/11/19 16:18:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

GReeeeN誕生の秘話

この作品は、主人公ヒデと兄のジンの兄弟がミュージシャンという夢を全力で追いかける作品です。

松坂桃李演じるジンは、親不孝もので夜な夜な歩き回る生活をしています。それに対し菅田将暉演じるヒデは、ミュージシャンを目指す兄を尊敬しつつも、父のために医者を目指す親孝行ものです。

初めはミュージシャンを目指す兄でしたが、方向性の違いからバンドは解散し、夢はそこで途切れてしまいます。

そんな時、弟たちが作る曲に可能性を感じ、プロデュースする側になることを決意。

顔出しNGという前代未聞の条件のなか、弟のために奔走する兄と歯医者を目指しつつも大好きな音楽を続けたいというヒデらの思いにより、GReeeeNは誕生しました。

 

作中でグリーンボーイズの歌う「道」は鳥肌もの

同じ大学で音楽が好きという理由で集まった4人は、自分達の青春の思いをままを歌詞に込め、大学で初ライブを開催しました。

それを見たジンはヒデの才能に気づき、必死で弟のために走り回り、ようやく四人の声を録音するところまでこぎつけます。

そこで彼らが歌うのが「道」という曲です。

私の青春ソングだったということもあり、その歌詞と今までの彼らの苦労がリンクして号泣してしまいました。

本家GReeeeNとはまた違う良さがあるので、是非、本家を一度聞いてから劇場へ行くことをお勧めします。

 

夢を追いかけるって素晴らしい

夢を追いかけてそれを実現できるのは、ほんの一握りの人間だけだと言われています。

しかし、その成功は辛いことや悲しいこと、逃げ出したいことを経験しないと、なし得ないことなのだと思える作品でした。

『キセキ』を起こす人は周りにどれだけ反対されようと、挫折しようと挑み続けた人なのでしょう。

この作品からはそう強く感じるものがありました。

 

最後に

最近いろんな映画に引っ張りだこな菅田将暉ですが、この作品でも弟をうまく演じています。また、松坂桃李も弟思いの兄を熱演しているので、見ていて飽きることはないのです。

それに加え、グリーンボーイズが歌う歌も心が震えるくらい感動的なので、耳も飽きない作品となっています。

是非、グリーンボーイズの歌う「道」「キセキ」「声」も聴いてみてはいかがでしょうか。

おすすめ「キセキ -あの日のソビト」をU-NEXTで観る

 

-映画紹介
-, ,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.