映画紹介

ブラックユーモア「テッド2」は人権問題に切り込む!?

投稿日:

テッド2

大人気のチョイ悪テディ・ベアが帰ってきました!前作に引き続き、大人の為のユーモアを惜しげもなく披露してくれます。

物語の軸となるのは、「ぬいぐるみのテッドに人権は認められるのか?」という問題です。

ブラックコメディの中に、深いテーマが隠されています。

たくさん笑ってちょっぴり泣ける、テッド達の奮闘に注目です。

スポンサーリンク

ぬいぐるみは父親になれない!?

ガールフレンドのタミ・リンと結ばれたテッドですが、夫婦生活は冷え切ったものでした。

なんとか現状を打破したいテッドは、彼女との間に子供をもうける決心をします。養子縁組の手続きを進めようとしますが、ここで問題発生です。

ぬいぐるみのテッドには、父親になる権利は無いと言われてしまいます。

法的人権を否定されたことで勤務先は解雇され、クレジットカードは解約、タミ・リンとの結婚まで無効になってしまいました。

 

しかし、このまま引き下がるわけにはいきません。

弁護士を雇い、人間らしい生活を取り返すために真っ向勝負です。

一筋縄ではいかない訴訟でしたが、友情の力にテッドは救われます。

そうして無事に勝訴したテッドは男の子の赤ちゃんを迎え、幸せな生活を取り戻すのでした。

Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥839 (2018/08/16 11:35:55時点 Amazon調べ-詳細)

人権を訴えるシリアスなテーマ

今作でも、テッドお馴染みのブラックユーモアが満載です!

物語の始まりから終わりまで、思いっきり笑える作品に仕上がっています。

 

注目したいのは、それと同時に「人権問題」という深いテーマが描かれていることです。

テッドが人権を求める裁判では、実際に起きたケースを引き合いに出す等、リアルな演出が行われていました。

何をもって、人は人と認められるのか?考えてみれば、テッドの抱える悩みも笑いも全て人間特有のものですよね。

笑えるだけじゃない、シリアスなテッドも見所です。

 

やっぱり面白い!

レ・ミゼラブル』や『マンマ・ミーア!』等、ミュージカル作品で素晴らしい歌声を披露しているアマンダ・サイフリッドが出演しています。

弁護士役の彼女でしたが、ギターを持って弾き語りをするシーンがありました。相変わらず美しい歌声です。

彼女が歌をうたうと、小鳥やリス等、小動物達がどこからともなく集まってきます。

それがとても唐突で、思わず笑ってしまいました。

このように斜めに構えたユーモアが、テッド作品の特徴だと思います。

そんなテッドが大好きです。

スポンサーリンク

最後に

美味しいお酒とおつまみが用意された映画パーティーにぴったりの作品だと思います。

大人同士でコメディを楽しみたい方におススメ。

ブラックユーモア満載のテディ・ベアに、きっと夢中になれるはずです。

Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥839 (2018/08/16 11:35:55時点 Amazon調べ-詳細)

-映画紹介
-, ,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.