「宇宙戦争」はスティーブン・スピルバーグとトム・クルーズのタッグで送るSFアクション巨編!

宇宙戦争


もし、自分が普段暮らしている街のど真ん中に、地球侵略に来たエイリアンの巨大マシンが現れたら…?

そんな、現実の風景とリンクしたリアルな地球侵略を描くSFパニック映画が、2005年に公開された「宇宙戦争」です。

名監督スティーブン・スピルバーグとハリウッドスターのトム・クルーズがタッグを組んで製作された、この映画の魅力を紹介します。

 

エイリアンによる侵略を一市民の視点から描く

港のクレーン操縦士として働くレイ(トム・クルーズ)のもとに、離婚した妻の家で暮らす2人の子どもが泊まりにきます。

息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)とも娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)ともギクシャクした雰囲気が続くレイでしたが、そんな中、街で奇妙な嵐や雷が発生する異常事態が発生。

さらに、レイが雷の直撃をうけた現場を見にいくと、その地中から巨大なマシンが突如出現して、レーザーのような武器で人々を無差別に攻撃しはじめます。

マシンの殺りくからなんとか逃げ延びて、ロビーとレイチェルを連れて避難しようとするレイ。

ところが、「トライポッド」と呼ばれるマシンは世界中に無数に出現していて、人類はトライポッドの圧倒的な戦闘力を前に為す術もなく蹂躙されていくのでした。

¥199 (2019/02/17 06:26:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

リアリティあふれる侵略と破壊の映像が見どころ

エイリアンが地球を侵略する映画といえば、「インディペンデンス・デイ」など、侵略を人類全体の視点から描くような作品が主流です。

そんな中で、この「宇宙戦争」は、ある日突然はじまる侵略を、それに巻き込まれる一人の市民の視点から描いています。

何が何だか分からず、正確な情報すら入ってこないまま、行き場もなく逃げ惑う…そんなパニックの様子は、「地球侵略」という非現実的なテーマにリアリティを与えて、ていてゾクッとするような恐怖を感じさせます。

エイリアンによる大破壊のシーンはすさまじい迫力で、そのインパクトはさすが「ジュラシック・パーク」や「プライベート・ライアン」といった大作を手がけてきたスティーブン・スピルバーグ監督です。

独特の映像の色合いも合わさって、白昼の悪夢のような、不気味で緊張感あふれる雰囲気を漂わせています。

 

最後に

エイリアンによる地球侵略を斬新な視点から描いて、SFパニック映画の世界に新しい風を吹き込んだ「宇宙戦争」。

原作となった名作小説へのオマージュも散りばめられていて、ストーリーの面でも映像面でも見どころが満載の傑作です。

スリルと緊張感があふれる世界観を、是非一度体感してみてください。

こんな記事もおすすめ

【批評】「宇宙戦争(2005)」はもっと評価されるべきSF映画だ

¥199 (2019/02/17 06:26:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA