映画紹介

映画「ラブリー・ボーン」は、ピーター・ジャクソン監督の感動作!

投稿日:

映画「ラブリー・ボーン」は、ピーター・ジャクソン監督の感動作!

全世界で1000万部以上を売り上げた、同名ベストセラー小説の映画化作品です。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでお馴染みのピーター・ジャクソンが監督を行いました。

命を奪われた少女とその家族の物語が、美しい映像と共に描かれます。

悲しみに負けない、家族の絆の強さを教えてくれる映画です。

 

バラバラになった家族の行方は?

主人公のスージーは、明るく活発な14歳の少女です。幸せな日々を過ごしていた彼女ですが、近所に住む殺人犯に命を奪われてしまいました。

スージーの死は、仲の良かった家族をバラバラにしてしまいます。

父親は復讐にかられ、母親は娘を守れなかった罪悪感から家を出て行ってしまったのです。

そしてスージーの妹は、犯人の新たなターゲットとなってしまいました。

 

その様子を、死後の世界から静かに見守り続けるスージー。彼女の思いをよそに、家族達には様々な試練が訪れます。

しかし、悪い事ばかりではありません。狙われていた妹が、犯人を追い詰めることに成功したのです。

時が経ち、それぞれの方法でスージーの死と向き合った家族達。悲しみに負けず、壊れかけた絆を再構築するのでした。

Paramount
¥1,096 (2018/11/19 22:24:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

美しい映像で描かれる再生の物語

ピーター・ジャクソン監督お得意のファンタジー演出で、死後の世界がとても美しく描かれています

その美しい世界から家族を見守り続けるスージーですが、自分の意志を伝えることはできません。

スージーはあくまでも見守るのみで、家族達はそれぞれの力で悲しみを乗り越えて行くのです。

 

本作の表題である「ラブリーボーン」は、家族の絆を支える骨組みという意味で言葉にされます。

どんな出来事にも負けない家族愛に注目です。

 

犯人をこらしめるより大切な事

家族がひとつになった事を見届けたスージーは、「最後にやり残した事がある」と言います。それは、初恋の人とのファーストキスでした。

スージーにとっては、事件解決よりも、犯人をこらしめるよりも、彼との恋愛が大切だったのです。

悲しみに心を奪われ、復讐にかられることの無意味さを表現しているようでした。

大切な家族を失った悲しみは、いつまでも癒えないものだと思います。見ていて胸が痛むシーンも、何度もありました。

しかし、悲しみへの向き合い方は自分で選択することができます。

スージーとその家族達の姿に、前を向いて生きることの大切さを教えてもらえました。

 

最後に

大切な家族を失ってしまったとき、私達に出来ることはどんなことでしょうか。

悲しみや憎しみに囚われるよりも、愛を忘れずに生きることが何よりも大切だと思います。

前を向いて生きることが、故人の願いでもある。そんな、強いメッセージ性を秘めた映画です。

Paramount
¥1,096 (2018/11/19 22:24:52時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHI

CHI

育児奮闘中のママライターです。洋画とミュージカルが大好き。子供と一緒にアニメも見ます。 Twitter→https://mobile.twitter.com/kome0810 ブログ→https://profile.ameba.jp/ameba/harehare0331

-映画紹介
-,

Copyright© Film-Log|新旧映画情報サイト(批評・考察・ランキング・まとめ) , 2018 All Rights Reserved.